サイトマップ

消費者金融と銀行の違い

消費者金融のキャッシングは対応が早いのが特徴で、急ぎでお金を必要としている人が良く利用しています。特に大手は対応が早く、最短30分~1時間程度でお金を借りられます。一方で、消費者金融ではなく、銀行のカードローンでお金を借りる人もいます。

 

消費者金融のキャッシングも銀行のカードローンも、商品の基本的な内容は同じです。発行されたカードを使って、ATMから簡単に借入れや返済ができます。

 

銀行のカードローンは消費者金融よりも低金利で借りらえるケースが多いです。銀行のカードローンを選ぶ人の多くは、金利に魅力を感じて選んでいます。消費者金融の金利も時代と共に下がっていますが、銀行のカードローンほどではありません。

 

また、銀行系のカードローンは総量規制という法律の対象外なので、年収の1/3を超える借入れも可能です。消費者金融は総量規制によって、他社も含めた借入総額が年収の1/3を超えてはいけません。

 

ただし、やはり対応が早いのは消費者金融です。アコムやプロミスなどの大手では、土日や夜間でも遅くまで営業していますが、銀行のカードローンの契約手続きは夜間出来ない所が多いです。また、金利が低い分、銀行のカードローンは審査が厳しいと言われています。

 

借りられるなら銀行で考える

審査に通過ができるなら、銀行のカードローンは優れた選択肢となります。すぐに借りたい、とにかく早くに必要といった場面ではいくら金利が低くても銀行は適さない場合もありますが、ある程度の日数なら待てる、低金利で低負担で借りたいといった希望があれば消費者金融よりも銀行となります。

 

銀行ならオリックス銀行カードローン限度額のように最高で800万円などの大きな金額が借りられるようになっているのも魅力の一つで、何らかの出費で大きな金額が必要となった際にも消費者金融よりも頼れます。早さや手軽さでは消費者金融に譲りますが、返済を考えた借入れやまとまった金額の利用であれば、消費者金融よりも銀行カードローンの利用が良いのです。